住宅ローン返済中に死んだら借金はどうなる?

住宅ローンは最長35年という長期間にわたって返済していく謝金です。
そのため返済中に万が一のことも十分考えられます。
自己に合ったり
病気になったり
そんな予測もしたくないことですが、万が一のことってありうることなのです。

しかし、ご安心してください。
住宅ローン?場合、原則団体信用生命保険がかかっています。
これは偏しあh者にマ日の子tが当た場合に保険会社が残りの残債を支払ってくれる保険です。
これは住宅ローンを貸し出す金融機関も融資条件位していますから多くの場合は加入しているはずです。
住宅ローンを申し込んだときに
持病
手術歴
入院歴
を記入した書類があったはずです。

この団体信用生命保険は一般の保険料と比べてが安く、加入する人の年齢により保険料の差もないかなりお得な保険でもあります。
この団体信用生命保険
自分が加入した覚えなんてない方がほとんどだと思います。
それはその保険料は銀行が負担しているからです。
といはいってもそれはあなたが支払う金利の中に算入されているんですけどね。

この団体?し尿生命保険
各金融機関もいろいろな商品を開発して販売しています。
例えば返済する本人がガンと診断された場合には残債が免除されるとかいろいろなものがでてきていますから、ご興味ある方は調べてみてください。
ただし、後から保険内容を変更するというのイはかなり難しいです。
住宅ローンを借りる時に申し込むからです。

今は共働き夫婦が多いので、夫婦で収入合算して住宅ローンを借りることが珍しくありません。
しかし、ここで気を付けたいのも団体信用生命保険です。
夫婦のどちらかが連帯債務者として受託ローンを形やkすひた場合です。
団体信用生命保険の加入は主債務者です。
連帯債務者は】加入できません。
連帯債務者にマ日のことがあっても保険金は下りないことを知っておきましょう。
冷帯債務者の輸入を当てにしての住宅ローンなら、そのぶん
収入が減って返済が苦しくなることも考えられます。
住宅ローン 払えない ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です