葉酸は妊娠前から摂った方が良い

妊娠を考えている女性のみなさんであれば「妊娠中は葉酸を摂り入れたほうがGood」ということを聞いたことがある方もたくさんいるかもしれないですね。葉酸というのは、妊娠している女性に必要不可欠な栄養成分なんですが、何を隠そう妊活中から葉酸を摂り入れることが不可欠です。どういう理由で妊娠するずっと前から葉酸が欠かせないのか。どのくらいの葉酸を摂取すればうまく行くのか。葉酸のみを摂取すればうまく行くのか。こういったことについて見ていきたいと思います。
おなかの子の先天異常の危険性を少なくするため「妊活中からの葉酸補給」が必要不可欠。
妊娠開始時は、お腹の中の赤ちゃんの脳や脊髄の基となる神経管ができあがるタイミングなんです。そのとき、たくさんの葉酸が欠かせないことになるのですが、おかあさんのカラダの葉酸が不足していると、赤ちゃんの先天異常のパーセンテージが高くなるとささやかれています。逆に言ったら、おかあさんのカラダにいっぱいの葉酸があるようなら、先天異常の危険性を少なくすることができる可能性があるのです。妊娠初めの段階では、まだおかあさんが妊娠に気が付いていないケースだってたくさんあります。そういった背景から、赤ちゃんが出来てから葉酸を摂り入れるというのではなく、赤ちゃんがお腹にいる以前から葉酸を摂り入れることが欠かせなくなります。

厚⽣労働省では、妊娠を願っている⼥性に対して、⾷事で摂り入れる基準の葉酸量(18歳以上は240㎍/⽇)だけじゃなく、妊娠の1か⽉以上前から妊娠3か⽉までの期間、健康補助食品等から1日あたり400㎍の葉酸を摂り入れることをおススメしているのです。
すなわち、おなかの子の先天異常のリスクの回避も勘案して、赤ちゃんが出来る1ヶ月以上前から、健康補助食品で400㎍以上の葉酸摂取が理想的だと言えるということです。
栄養成分は、1種類のみたくさん摂ればいいわけではございません。葉酸の吸収とターンオーバーには、亜鉛、ビタミンC、B6、B2、B12というような5つの栄養成分が関わりあっていて、こういった栄養成分がなくてはなりません。

ベルタ葉酸サプリ 落とし穴 真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です