親も老いる!だから昔の親だとは考えないほうがいい

「おふくろ、前はあんなにキレイ好きだったのに・・・」
実家に帰省した時に、部屋の中が散らかったままで片付けようともしない親に驚くこともあるでしょう。

そしてつい言葉を荒げて
「ちょっとは片付けたら」
「掃除くらいできるでしょ」
と言ってしまいがちです。
それは子供からすれば親の甥を認めたくはない
親が家を片付けられなくなったことを認めたくはない
そんな気持ちもあるからかもしれません。

掃除や片付けは、やる気さえあればできる!
そんな精神論になってしまいがちですが、意外と親からすれそうでもないのです。

そこで絶対に行ってはいけないNGワードが
「毎日 ボーっとヒマしてるんだから掃除でもしてくよ」
これってつい言いがちですよね
でも高齢のお父さんやお母さんは「やりたくてもできない」のです。

今のお父さんやお母さんの状態を客観的に見てあげてください。

親はいつまでも昔の親のままではありません。
悲しいことですがそれが現実なのです。
親が健康で安全に暮らしていくためには掃除や片付けは必要なのですが、実際問題としてそれが「親主導」では一向に進まないのです。
親の気持ちに寄り添いながら、子供が親に代わって進めていくしかないのdす。

大がかりな実家の片付けは生前整理という意味合いもありあmす。
生前整理というと自分が亡くなった後、残された家族が困らないようにするようなイメージがありますがそれだけではありません。
多くの親は生前整理を拒み、
「私が死んだら捨てればいい」
と言います。
子供から生前整理を促すと
「早く死でくれとでも思っているのか?」
と勘違いする親も少なくありません。
生前整理の目的は親の残された人生をよりよく過ごさせるためのものであることを親に納得してもらわないといけないのです。
だからこそ
親子のコミュニケーションが大切
なのです。


それが無理ならせめて
「親が亡くなった後、どのように片づけて欲しいか?」
それだけでも確認しておきましょう。
ロレックス 止まる

離婚の財産分与でマイホームなどの不動産はどうなるの?

マイホームなどの不動産も離婚の財産分与の対象となります。
ただし、それは結婚後の夫婦の協力によって取得したものに限られます。
これはお金を出した?出さない?ということではありません。
専業主婦でもりっぱにそのマイホーム取得に貢献していると考えられているからです。

ここで離婚後の財産分与の対象外になるマイホームみたいな不動産もあります。
それは親などから「贈与」や「相続」で取得した不動産です。
このような不動産は離婚の財産分与の対象ではないことに注意してください。

マイホームなどの不動産が離婚の財産分与で問題になるのが、その評価額です。
不動産の評価額はその時期によって変動が大きくなるので困りものです。
そこで離婚の財産分与の不動産の評価を出すには
・離婚成立時
・離婚前の別居期間開始時
を基準に評価額を出します。
不動産?評価額を言算定するには、近隣の取引事例を参考にしたり国税庁の路線価などや国土庁の公示価格などなにかしらの根拠を元に評価額を出しましょう。

調停や裁判ではこれらでは根拠に乏しいとされることもありますので、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼しなければならないこともあります。
この鑑定料は意外と安くはないのでご注意ください。
鑑定ひょいう医科学が大きければかなりの金額になります。

また離婚の財産分与で得た不動産は名義変更の手続きを行わなければなりあm線。
その不動産の所在地を管轄する法務局に名義変更の手続きをします。
これには
・所有権移転登記申請書
・固定資産税評価額証明書
¥譲渡者の権利証と印鑑証明
・譲渡される側の住民票
・不動産分与を証明する離婚協議書や調停調書
などが必要にになります。
このあたりは登記名義変更尾の専門家の司法書士に相談したほうがいいでしょう。

意外と離婚による財産分与でマイホームなどの不動産がある場合は、かなり話し合いや手続きが難しくなることは覚悟しておいてください。
一番良いのは売却して、お金で清算することです。
離婚 住宅ローン 妻が住む 借り換え

親が危篤になったら親のキャッシュカードからお金を引き出しておけ

不謹慎なお話で恐縮ですが、親が危篤になったら
死亡⇒お通夜⇒お葬式
という流れになってしまいます。
もしもその危篤状態から持ち直したとしても遅かれ早かれそのこと待ち構えています。
あなやが親と離れて暮らして親の危篤を聞いて駆け付けたのなら、後悔しないためにも何日間は自宅には戻れない覚悟も必要でしょう。

そんな時にこんな話は縁起でもないのですがズバリ質問したいことは
葬式の費用は誰が負担しますか?
あるいは建て替えられるだけの余裕はありますか?

親がたとえ
「自分の葬式代くらい用意してある」
と生前にいつていても注意しなければいけないのは
銀行がその預金名義人の死亡を確認する即座にその口座は凍結されて引き出しも預け入れもできなくなります。
原則、預金口座の凍結が解除されるには相続人全員の戸籍や印鑑証などの必要書類を整えて所定の書類を提出しなければなりません。
それには時間がかかることも少なくありません。

また、
親がにぎやかなことを望んでいたから
子供にも対外的なメンツがあるから
と分不相応な盛大な襲う匹を上げたのはいいが、実際に親の預貯金が意外と少なくて兄弟同士でその負担でもめた
ということもあります。
ちょっとしたお葬式なら軽く数百万円というお金は飛んでいきます。
急にそんなお金は用意できない
という事態だけは避けなければなりません。
法的な意味合いではちょっといくら親でも子供が勝手に引き出すいことは違法といえるかもしれませんが、事情が事情だけでそんなことも言ってはいられません。

親が来時になったのなら親の伽sh巣カードを使って葬式費用くらいは引き出しておく方が賢明でしょう。
もちろんそのことを他の兄弟たちにもきちんと説明しておかなければなりません。
とかくお金の話は人の気道をを簡単に変えてしまうほど恐ろしいものです。
遺産隠し?遺産独り占め?
など変な疑いを持たれてはいけませんからね
いや、笑いう話ではなく、まじで数百万円でどろどろの相続争いなんていうのは良くある話なんです。
老人ホーム 口コミ

亡くなった母の遺品を残しておく娘に父親の気持ちは?

一概には言えませんが、高齢のご夫婦の場合
・夫を亡くした妻の精神的ショック
よりも
・妻を亡くした夫の精神的ショック
のほうが多きような気がします。

特に娘の場合は父親の気持ちがよくわからないこともあります。

妻を亡くした高齢の父親
子供hが住むがいるがもう嫁いで別している場合
一人暮らしの父親の気持ちを娘はきちんと把握しているのでしょうか?

実家は高齢の母親が亡くなってからもう数年経っているのに
今も母親が住んでいた時と同じように日用品や洋服がそのままにされています。
今でもまるでお母さんが生きているかのようです。

むすめさんたちからすれば
「お母さんも物をそのままにしているのはお父さんが寂しがるから」
と考えているからかもしれません。
しかし父親の本心はどうでしょうか?

「妻の物が目の前にあると思い出し辛い・・・」
そんな場合もあります。
娘さんたちが良かれと思っていたことが逆にお父さんからすれば辛い仕打ちということもあるのです。

①娘はとかく父親の気持ちが理解しずらい
②父親と会話をして父親の気持ちを理解する
③娘だからこそ父親でにできることもたくさんある
そのことを理解しておいてください。

特に一人暮らしになった父親と娘との会話はとかく少なくなりがちです。
昔気質の父親ならば、より一層のことでしょう。
口下手な父親の気持ちを察するには、やはり娘のほうから積極的に相談していくべきかもしれません。

母親の遺品の整理は娘にとっても辛いことですが、それを毎日目にしている父親からすればとても辛いことかもしれません。

「そろそろ母さんの荷物 どうする?」
そんな一言から娘と父親の意思疎通が始まります。

ましてこれからどんどん歳を重ねていく父親にとって実家の荷物を減らしていくことは安全な老後の生活の確保にもなります。
物で溢れかえっている実家は高齢者にはとても危険な場所なのです。
ですから、母親の遺品整理も娘が中心になってお紺場う必要があります。
残されたお父さんにとっては泣かなかできないことでもありますからね
介護職員初任者研修 
どこがいい

楽譜マニアのわたしの意見

去年、全音からショパンのエキエル版がでましたね。
待望のナショナル・エディション日本語版です。

ショパンはいろんな版を持っているのに
それでもまた欲しくなる人が多いと思います。

わたしとかね。

もちろんお安くはないです。
全音は一般的に安いけどエキエル版は別。

楽譜を選ぶときに気になるのは曲の難易度ですけど
そんなこと関係なく買っちゃいます。

楽譜の難易度がわからない人は
楽譜出版社が出している難易度表を見て判断すると思いますけど

実はこの難易度表はあまり参考にならないんですよね。

ピアノ教室に通っている場合は
先生が次の課題曲を指定してくれると思います。

版まで指定してくれる先生がわたしは好き。
「なんでもいいです」とか言う先生はわかってない。

自分で曲を選ぶときにはどうしたらいいのか迷うかもですね。
ピアノ弾けるようになりたい

CDやYouTubeで聴いていて自分で弾けそうかどうか
判断する人もいると思いますけど

これで選曲するとなかなかうまくいかないと思います。
難易度は聴いただけではわかりにくいですからね。

楽譜を見て判断するのはどうでしょうね。
これも素人にはなかなか難しいものがあります。

あるていど「熟練者」の域に達していないと
自分のレベルにあった難易度の曲を見つけることは難しいのです。

ということは、やはり難易度表を参考にするしかないようです。

でもここでまた問題発生。
難易度表は楽譜出版社によってかなり違いがあるからです。

実際にピアノを弾くときは自分の感覚で難易度を判断するので
難易度表のレベルには違和感がありますね。

有名な曲であれば複数の難易度表を参考にして判断するのも
いいと思います。

数字で表されている難易度表の場合は
曲の質や表現の難しさについてまで点数はつけられないでしょう。

同じ難易度の点数の曲だとしても
弾きやすいかどうかは弾き手のテクニックによります。

だれでもテクニックに得手不得手がありますよね。
ピアニストだってあるはずです。

見た目が難しそうで音符だらけの楽譜だとしても
実際に弾いてみると弾きやすいものがたくさんあります。

譜読みが複雑で面倒だということと
演奏が難しいというのは全然別問題です。

演奏者の手の大きさに合わないとか
体のクセにあわないとかということも関係しますからね。

もしも全音の難易度表を使うのなら
前後に1つの幅をみておいた方がいいと思います。

音楽之友社の15段階難易度は最初から幅をつけてあります。
全音より活用しやすいというのが楽譜マニアのわたしの意見です。