アンチエイジングケアにはコレをおさえとけの巻1

40代以上になるとアンチエイジングケアに目がいくようになりますよね。

でも・・・

・必要不可欠さを感じて、いざ買おうとすると『これが一番いいですよ!』とどこも歌っていて選べない。そして、すすめられたのを買って失敗。

・成分はコラーゲン、スクワラン、セラミド・・・etc、、、よく耳にはするけど、どこにどう効くのかわかっていない状態。

こんな方が多いではないでしょうか。

実は私もそうですテヘペロ。

今回は、『シワ・シミに必要なのはコレ!』を調べてみました。

 

①シワの原因

柔らかくてハリのあるお肌にはシワがないとのこと。

ってことは、乾燥してゴワゴワでタルタルがシワができやすいってこと。

年齢にかかわらず、乾燥しがちだとシワができやすいので若いからって油断は禁物です。

ハリは新陳代謝の低下が主な原因。そのまま放置すると、目の下のシワから目立ち始めるらしいです。

私の目の下は、寝不足だけじゃなかったのね(;・∀・)

また、お肌がタルタルになる原因のひとつは紫外線。

紫外線と聞くと『シミの原因じゃないの?』と思いがちですが、お肌にあるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えて、シワやたるみを作ってしまうみたい。

ということで、シワを作らないためには

1.保湿大事

2.新陳代謝をよくする

3.紫外線をさける

ですね。

シワ対策には

●ペプチキド・ナイアシンアミドなど保湿成分を含んだスキンケアを選ぶ。

●化粧水で水分補給したあと乳液(クリーム)で水分を閉じ込める。

●日焼け止めを夏だけじゃなく、毎日塗る。

●できてしまっているシワには、ヒアルロン酸やビタミンB3などの美容液が効果あり。だけど高価だし・・と思う人は、シートマスクを週に1回するだけでもかなりかわるみたい。

●皮膚が薄くて元々乾燥肌の人は、思い切って目もと専用のアイクリームを使ってみるも良し。

②シミの原因

  • 紫外線のダメージ
  • 乾燥
  • 加齢
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 摩擦によるダメージ

とシミの原因はいろいろとあります。

中でも一番の原因は紫外線。

紫外線が原因でシミの原因となるメラニンが大量発生してしまうとか。

やはり夏だけではなく、365日日焼け止めを塗るなど、紫外線対策は必要ですね。

次に摩擦。ニキビはだの方はとくに、お肌の汚れを取ろうとゴシゴシしがちですよね。

こすることで皮膚が薄くなり、それがシミにつながりますが、それとは別に、お肌の中で炎症を起こし、その炎症によりメラニンがまたまた生成されちゃうんです。

また、これは少し意外ですが乾燥もシミの原因にとても影響しています。

薄くなった皮膚にもシミはできやすくなりますが、逆に厚くなりすぎてもシミはできるんです。

乾燥したお肌というのは、当たり前ですが水分量の少ないお肌です。

水分量が少なくなると、古い角質をはがれ落とすための酵素が働けず、角質が厚くなってシミに。

この原因のシミは肝斑などです。

シミ対策には

●紫外線対策を万全にする。

出来ることならSPF30・PA++以上の日焼け止めを毎日塗りたいところです。

●メラニン生成を抑えために、しっかりビタミンCを摂取する。

●化粧水でお肌を潤し、乳液や美容液でそのうるおいを閉じ込めて保湿ケアをする。(古い角質を取り除くことにも、化粧水(ふき取る)は有効的です。)

●こすらないように優しくケア

 

シワ・シミに必要なことは?

共通して言えるのは、

  1. 紫外線対策
  2. 保湿大事!・・・です。

シミ=美白美容液と思いがちですが、先に必要なのは紫外線予防と保湿ケアなんです。

美白美容液は、ベースができてからを使った方がいいみたいです。

シンピスト 最安値